市場調査とマーケティングリサーチの違いとは?調査方法やポイントについて解説

マーケティングリサーチを行うことになったものの、どのように進めていくべきかわからないことがあると思います。この記事では、マーケティングリサーチとは何か、実施する際のポイントや注意点を解説します。マーケティングリサーチの概要を理解し、ぜひ活用してみてください。

市場調査とマーケティングリサーチ

市場調査とマーケティングリサーチ

市場調査とマーケティングは似ているので混同されやすいです。そこで、この 2 つの違いについて説明していきます。

市場調査とは

市場調査とは、市場における顧客の動向や意向を調査し、マーケティング戦略に活かすことです。調査で得た結果を、販売予測やプロモーション、商品開発などに役立てます。たとえば、車の商品開発の場合、車の所有率や世帯ごとの所有台数、購入価格などを市場調査で知ることが可能です。

市場調査で数値データに基づくことで、販売予測を立てられるのと同時に、商品開発にも役立てられます。

マーケティングリサーチとは

市場調査では数値やデータを用いて現在の市場の状況を知るのに対して、マーケティングリサーチは現在に加えて未来の市場の状況についても予測を行います。そのため、市場調査はマーケティングリサーチに含まれるものです。

調査方法は市場調査で行われることと同じ方法を応用して使われることがありますが、データをどのように活用するかによって予測が変わってきます。

マーケティングリサーチのメリット・目的

マーケティングリサーチを行うと、顧客のニーズを知り、ニーズを活かした商品開発ができます。的をしぼった商品開発が可能となれば、無駄なコストの削減にもつながります。また、事業リスクを減らすことも可能です。

社内で評価の高い商品を開発したとしても、それが消費者に受け入れられるとは限りません。マーケティングリサーチを行うことで、販売予測を立てることができるのです。

マーケティングリサーチの活用方法

商品開発を例として、マーケティングリサーチの具体的な活用方法を説明します。商品開発をする場合、まずはターゲット層や市場の状況について調査することが重要です。そして、どんな商品やサービスのニーズが高いかについて分析します。その結果から仮説をたて、新商品の開発をし、試食や試飲などを行います。

新商品が販売されると、顧客の満足度やリピート意欲の調査を行い、商品の改良やシェア拡大に役立てることができます。さらに、定期的な調査を行うことで、次のマーケティング施策を打ち出すことが可能です。

マーケティングリサーチと市場調査との違いとは

市場調査は、商品開発の段階において、より良い商品を開発するための調査です。一方、マーケティングリサーチは、開発した商品の販促やプロモーションにおいて、より多く販売するための調査になります。また、市場調査は数値的な統計学による調査であり、マーケティングリサーチは未来の消費者の感情・思考を言語化することで市場を知る調査だといわれています。

関連記事
市場調査とは?|マーケティングリサーチとの違いや調査方法などを徹底解説

市場調査を行う方法

市場調査を行う方法

市場調査にはさまざまな方法があります。本記事ではその代表的な 6 つの方法を紹介します。

アンケート調査

アンケート調査とは、質問をターゲットユーザーに配布して回答してもらう方法です。低コストで実施できるため、多くのサンプルの収集が必要な大規模調査に適しています。主に、インターネットや郵送 FAX などで回答してもらいます。

対面調査(インタビュー)

対面調査とは、ターゲットユーザーに対面で調査を行う方法です。ユーザーの回答によって調査員が質問内容を変更できるので、企業の知りたい情報を聞き出すこともできます。対面調査には 1 対 1 の調査と、複数人で行うグループ調査があります。

覆面調査(ミステリーショッパー)

覆面調査は、一般のユーザーを装って商品やサービスを体験し、調査する方法です。従業員は調査対象となっていることを知らないため、現実に近い調査結果が得られます。覆面調査は、従業員のサービスの現状について知りたい場合に適しています。

電話調査

電話調査では、ユーザーとやりとりをしながら調査を実施します。そのため、郵送のアンケートでは回答しない人も、直接対話をする電話調査では回答する確率が高くなるのです。電話調査は、商品の満足度や商品開発の調査に適しています。

街頭調査

街頭調査は、街中などで直接ユーザーにアンケートを実施する方法です。よって、その場でユーザーを選ぶので、よりリアルな声が聞けます。街頭調査は、イベントなどでその場の満足度を調査したい場合に有効な方法です。

統計データ調査

統計データ調査とは、公的機関や民間企業が公開している統計データを利用して、マーケティングを行うことです。統計データを使うことで、調査にかかる時間やコストを削減できます。人口推移や失業者数、家計調査など、さまざまな統計データが入手可能です。

関連記事
アンケートの調査方法|定量・定性・ハイブリッド調査まで解説

マーケティングリサーチを行う方法

マーケティングリサーチを行う方法

マーケティングリサーチは目的によってテスト方法を選択する必要があります。ここでは、6 つの方法について紹介します。調査目的によって使い分けが可能です。

製品テスト

製品テストは、既存の商品もしくは新商品をユーザーに使用してもらい、その評価を調査する方法です。商品についての印象を知ることができ、改良すべき点がわかります。また、従来品や競合品と比較してどうなのか、発売するべきかどうかの判断材料にもなるでしょう。

商品名テスト

商品名テストは、どの商品名がその商品に合うか、ユーザーに意見を求めるテストです。候補の商品名に対する感想や意見が得られます。商品名テストを実施することで、消費者の購買意欲が高まる商品名を採用することができます。

パッケージテスト

商品のパッケージの色合いや材質、使いやすさに関するテストをパッケージテストといいます。パッケージはユーザーに商品を手に取ってもらう重要なきっかけとなります。その商品を購入したいか、店頭で目立つかなどについてユーザーに意見を求めることが可能です。

事前事後調査

事前事後調査は、イベントやキャンペーンの実施前と後で調査を行い、結果を比較することで宣伝効果を測る方法です。また、商品の使用前後における購入意欲の変化を測るためにも用いられます。事前事後調査により、マーケティングの効果や商品の評価を知ることができます。

ホームユーステスト(HUT)

ユーザーに試供品を配布し、しばらく使用した後の結果を記録してもらう方法をホームユーステストといいます。日常生活での使用状況に近いため、実際に商品を使い続けた場合に受ける印象や感想を聞きやすくなります。

テストマーケティング

テストマーケティングとは、新商品を実際に販売し、売上の動向を調査する方法です。この調査により、どのくらいニーズがあるのか、ユーザーの評価はどうなのか把握することができます。中規模都市でテストマーケティングを行い、その結果をもとに全国販売の対策を考えることが可能です。

マーケティングリサーチを行うときのポイント

マーケティングリサーチを行うときのポイント

マーケティングリサーチを実施する際には、調査の計画を立てることが重要です。調査計画のポイントについて説明します。

課題を整理する

マーケティングの課題を抽出したら、それを調査できるものとできないものに分けます。そして、調査できるものを具体的なテーマにして、調査を実施します。それぞれの調査結果を総合的に分析することでマーケティング課題の解決に導くことが可能です。

調査企画の立案

調査企画を立てるには、調査の理由や対象者、明らかにしたい情報、調査手法やサンプル数などを明確にすることが重要です。そのうえで、どのように調査対象者を絞るのか、調査を実施する方法などを企画します。

調査仮説を立てる

調査仮説とは、マーケティング課題に対する仮の回答のことです。調査仮説を立てることで、焦点を当てる部分が明確になり、調査の方向性を決定しやすくなります。効率的な調査ができ、調査結果の無駄も削減できます。

調査対象者を決める

調査仮説の検証が成功するかどうかは、調査対象者の決定にかかっているといっても過言ではありません。調査対象者を決めるには、通常、性別や年齢などの属性と、商品やサービスの購入や認知などの履歴を組み合わせて条件を決めます。

マーケティングリサーチを行うときの注意点

マーケティングリサーチを行うときは、調査の目的を見失わないことが大切です。目的がないと、単なる調査となってしまい、マーケティングに活かせません。また、仮説に囚われすぎず、調査内容を疑う姿勢を持つことや修正を行うことも重要です。

また、マーケティングリサーチには時間とコストがかかります。さらに、適切な調査結果を得るためにはスキルも必要です。社内で実施するのが難しい場合は、専門の会社へ代行してもらうことも検討しましょう。

まとめ

マーケティングリサーチと市場調査は違う意味をもち、それぞれ調査方法も異なります。マーケティングリサーチを行う際には、目的を明確にして調査の計画を立てることが大切です。また、調査内容をマーケティングに活かすには、まずはデータ収集が重要です。マーケティングリサーチにも使える次世代アンケートCREATIVE SURVEYをぜひ検討してみてください。

CREATIVE SURVEY に関するお問い合わせはこちらから

Twitter:ツイート Facebook:シェア はてなブックマーク:ブックマーク pocket:あとで読む
アンケートツールの最新活用事例をご紹介!資料ダウンロードはこちら

イベント・セミナー情報