目的別アンケートテンプレート7選|アンケートの作成手順と実施する際のコツ

こんにちは、クリエイティブサーベイ法人チームです。
マーケティング戦略の一つとして、アンケートを実施したいと考える担当者は少なくありません。しかし、具体的にどうすればよいのかをきちんと理解している方はそれほど多くないようです。
この記事では、アンケートの作成手順から、目的別のテンプレート、アンケートを成功させるコツまで紹介しています。ぜひ参考にしてください。

アンケート作成の手順

アンケート作成の手順

ここでは、アンケートの作成手順を紹介します。

目的と目標を決める

まず、アンケートは「なんのためにアンケートを行うのか」を明確にするために、目的や目標を定めることが重要です。目的とは「最終的に成し遂げたい事柄」、目標は「目的を達成するための質問」のことです。目的が曖昧なままだと、目標も定まらず、必要がない質問が増えることになります。

実施方法を決定する

目的と目標が定まったら、実施するアンケートの方法を決めます。パソコンやスマホの操作に慣れていない方には紙のアンケート、慣れている方には Web アンケートのようなネット上の設問ページやメールフォームから回答してもらうのがおすすめです。Web アンケートであれば、質問を後から修正できますし、会場調査のように場所を確保せずに実施できるので、会場費用がかからず低コストで実施できます。

設問を設計する

実施方法が決まったら、アンケートの具体的な質問内容を検討します。目的や目標、ターゲットに応じて設問の内容や形式、設問数などを決めていきましょう。設問数は多過ぎても、少なすぎても回答率の低下を招きます。回答者がストレスを感じないように、適切なボリュームにすることが重要です。

アンケート用紙やフォームを作成する

実際に回答してもらうアンケートのフォーマットを作成します。紙のアンケートを作るなら、集計や分析がしやすい Excel で作成するのがおすすめです。Web アンケートなら、気軽に回答しやすいアンケートフォームを作成します。

設問は、文章を考えなければならない自由形式よりもラジオボタンなどのチェック方式にしたほうが、回答者側の負担が軽減され回答率が上がります。

データを集計し、レポートする

アンケートを実施したら、データを集計し、レポートにまとめます。自由形式の回答形式が多いと集計する方の負担も大きくなりますので注意が必要です。それほど時間や人員を割けない場合は、チェック方式の質問を多めにするなど工夫しましょう。集計しやすいアンケート内容には作業リソースの効率化にもつながります。

関連記事
アンケート作成の方法とコツ|おすすめの作成ツール5選も紹介
アンケートの作り方の基本手順|回答率を上げるコツも解説!

目的別アンケートテンプレート7選

目的別アンケートテンプレート7選

ここでは、おすすめのアンケートテンプレートを目的別に紹介します。

参考:CREATIVE SURVEY アンケートテンプレート

従業員満足度アンケート

【質問テンプレート】

  1. 総合的に職場に満足していますか?
  2. 職場の良い点、良くない点をそれぞれコメントしてください。
  3. 所属部署を選択してください。
  4. 役職を選択してください。
  5. 勤続年数を教えてください。

製品満足度アンケート

【質問テンプレート】

  1. 当社の製品を知ったきっかけを教えてください。
  2. 当社の製品を購入されたのは何回目ですか?
  3. 当社の製品を購入頂けた理由を教えてください。
  4. 当社の製品の以下の点について満足していただけましたか?
  5. 総合的に当社の製品に満足していただけましたか?
  6. 他社製品と比べて、当社の製品が優れていると思うものを全て選択してください。
  7. ご購入頂いた当社の製品に対するご意見をお聞かせください。
  8. 今回ご購入頂いた製品とは別カテゴリーも含めて、当社ブランドの製品を今後もご購入いただける可能性はどのくらいありますか?
  9. 年齢を教えてください。

EC サイトの購入後アンケート

【質問テンプレート】

  1. あなたが当サイトを知った最初のきっかけを教えてください。
  2. 当サイトで商品を購入されたのは何回目ですか?
  3. 普段どのくらいの頻度で当サイトを利用していますか?
  4. 当サイトの利用される主な目的を教えてください。
  5. 当サイトの以下の点について満足していただけましたか?
  6. 当サイトを今後もご利用いただける可能性はどのくらいありますか?
  7. 当サイトに対するご意見をお聞かせください。
  8. 年齢を教えてください。

イベント来場者向けアンケート

【質問テンプレート】

  1. 今回イベントの開催を知ったきっかけを教えてください。
  2. 本日はどのような目的でご来場いただきましたか?
  3. 総合的にセミナーに満足していただけましたか?
  4. 次回も当社のセミナーに参加していただける可能性はありますか?
  5. 本セミナーに対するご意見をお聞かせください。
  6. 年齢を教えてください。
  7. 所属部門を教えてください。
  8. 役職を教えてください。

イベント出店企業向けアンケート

【質問テンプレート】

  1. 今回本イベントに出展されたきっかけを教えてください。
  2. 今回ご出展頂いたスポンサープランを選択してください。
  3. 本イベントに満足していただけましたか?
    ※お支払いになった出展費用を考慮した上でご回答ください。
  4. 出展費用は高いと感じましたか、または安いと感じましたか?
  5. 総合的なイベントの満足度を教えてください。
  6. 本セミナーに対するご意見をお聞かせください。
  7. 次回も出展していただける可能性はありますか?
  8. 質問 7 で回答された理由を教えてください。

サービス担当者の評価アンケート

【質問テンプレート】

  1. サービス担当者名
  2. その担当者がお客さまをご担当させていただくのは何回目ですか?
  3. 担当者は、お客様に対して礼儀正しく接していますか?
  4. 担当者は、お客様にとって親しみやすいと感じますか?
  5. 担当者は、どの程度熱心にお客さまのご要望をカウンセリングしていましたか?
  6. 担当者との会話(カウンセリングを除く)の量はいかがでしたか?
  7. 担当者は、素早いサービスを心がけていましたか?
  8. 担当者は、専門知識が豊富だと思いましたか?
  9. 担当者のサービスの品質はいかがでしたか?
  10. 今後、その担当者を再び指名していただける可能性はありますか?
  11. その担当者に対するご意見をお聞かせください。

クライアント向けの営業担当者評価アンケート

【質問テンプレート】

  1. 弊社の営業担当者名
  2. 弊社営業担当者は礼儀正しく対応できていますか?
  3. 担当者は、お客様にとって親しみやすいと感じますか?
  4. 担当者は、納期を厳守できていますか?
  5. 担当者は、商品知識が豊富だと思いますか?
  6. 担当者の説明は分かりやすいですか?
  7. 担当者の提案は的を得ている頻度が高いですか?
  8. 担当者は、お客さまのニーズを理解していますか?
  9. その担当者に対するご意見をお聞かせください。

アンケートを成功させるためのコツ

アンケートを成功させるためのコツ

ここでは、アンケートを成功させるためのコツを紹介します。

所要時間を伝える

アンケートの冒頭に、設問数や所要時間を記載しましょう。あらかじめ回答にかかる時間がわかっていれば、隙間時間に回答できますし、アンケートの回答率も上がりやすくなります。
所要時間がわからず、回答者が不安を覚えると、最後まで答えてくれないことがあります。所要時間は必ず記載するようにしましょう。

期限や締切を伝える

最初に期限や締め切りを伝えることで、アンケートに回答する意欲を高めることができます。「アンケートは 3 日以内に提出してください」など、具体的な日数や日付を指定するのがポイントです。アンケートページが別にある場合、「回答ページはこちら」など、リンクを貼って誘導すると親切です。

質問はシンプルかつ少なめにする

アンケートの質問は、わかりやすく、回答しやすいものが理想的です。質問が曖昧だったり、数が多すぎたりすると、回答者にストレスを与えてしまいます。アンケートを作成したら、自分が実際に質問に答えたり、社内で回答してもらったりして、内容に違和感がないか、答えにくい点がないかチェックします。

特典や謝礼を用意する

回答者に特典や謝礼などを用意すると、回答率が上がります。回答者全員に贈るのが一番よいのですが、抽選形式にしても構いません。抽選方式の場合は、数が少ない分、高額な報酬や謝礼が用意しやすいため、報酬に当選したいがための回答も多くなる傾向があります。その場合、「アンケートの回答内容と、抽選の当落は関係ありません」などの一文を加えると、回答者も商品やサービスに忖度することなく正直に答えてくれるでしょう。

関連記事
効果的なアンケート調査とは|調査の種類・選び方・流れを解説
最低限おさえておきたいアンケートの聞き方ノウハウ〜ワーディング編〜

まとめ

アンケートは、行う目的や達成したい目標を明確にしたうえで、実施方法や設問の形式を決めていきます。自由形式はいろいろな意見が聞けるものの回答者の負担も大きいので、ラジオボタンなどチェック形式などを活用したり、設問数や所要時間を明記したりして回答しやすくする工夫も大切です。さらにデータを得るだけでなく集計しレポートにまとめることで、業務を効率化できたり、今後のマーケティング戦略に役立てることができます。

CREATIVE SURVEYでは、顧客の声をマーケティングに反映するアンケートツールを提供しています。分岐設定やスコアリング機能もあり、リサーチシステムとしても有効です。
豊富なテンプレートをつかって、アンケートを実施したい方は是非お試しください。

CREATIVE SURVEY についてのお問い合わせはこちら

Twitter:ツイート Facebook:シェア はてなブックマーク:ブックマーク pocket:あとで読む
アンケートツールの最新活用事例をご紹介!資料ダウンロードはこちら

イベント・セミナー情報