ウェビナー(ウェブセミナー)アンケートとSalesforceを連携する方法

こんにちは、クリエイティブサーベイ法人チームです。

昨今オフラインセミナーのオンライン化に伴い、「ウェビナー用にアンケートツールの導入を検討している」とお問い合わせをよくいただきます。

また「回答をSalesforceへ連携したい」「顧客と紐づけて営業活動に活かしたい」そんなお声もお聞きます。

今回はそんなお悩みを解消すべく、弊社の「CREATIVE SURVEY for Salesforce」を使って、
 ・アンケート回答をSalesforceへ連携する方法
 ・セミナーアンケートを営業活動に活用する方法
をご紹介します。

こんな方にオススメな内容です。
 ・簡単にアンケート作成、集計できるWebアンケートツールを探している
 ・Salesforceと連携できるアンケートツールを探している
 ・アンケートはSalesforceのキャンペーンやPardot、Marketoから一括配信したい

弊社のウェビナーアンケート事例

まずは弊社で行なっているウェビナーアンケートをご紹介します。

弊社で行なっているウェビナーアンケート

<設問内容>
 Q. 本セミナーに対する評価をお聞かせください。(0〜10で選択)
 Q. 製品に対する評価をお聞かせください。(興味あり・興味なし)
 Q. セミナーに対するご意見、ご感想がございましたらご入力ください。(自由入力)
 Q. 製品に関するご質問、お問い合わせがございましたらご入力ください。(自由入力)

以下の設問もおすすめです。
 Q. どのようにしてセミナーを知りましたか?
 Q. 今後どのようなテーマのセミナーに参加したいですか?
 Q. 解決したい課題やお悩みを選択してください。
 Q. 以下の満足度をお聞かせください。(セミナーのテーマ設定/セミナーのコンテンツ/セミナーの時間配分/セミナーの進行)

完了ページには、資料のダウンロードボタンや、アポイントの日程調整ページの外部リンクを設置しています。製品に興味を持たれた方はすぐに資料の確認、アポイントの調整ができるため、お客様から大変ご好評いただいています。

また、設問内容によってはロジック機能を使って、ページの出し分けをする分岐設定やスコアリングをする場合もあります。

分岐ロジック、表示ロジック、スコアロジック

ページの分岐をすることで回答者の負担を減らすことができ、スコアリングは優先度や見込み度合いの判断に活用します。

こちらのアンケートはWebアンケートツール「CREATIVE SURVEY」で作成しています。

Webアンケートツール「CREATIVE SURVEY」とは?

「CREATIVE SURVEY」は直感的なインターフェースで誰でも簡単に、機能性の高いWebアンケート・ヒアリングフォームを作成できます。

Webアンケートツール「CREATIVE SURVEY」

NPS®(ネットプロモータースコア)や画像選択形式など幅広い用途のアンケートを作成でき、ロゴや背景画像などのデザインカスタマイズも可能です。

※ネット・プロモーター、ネット・プロモーター・システム、NPS、そして NPS 関連で使用されている顔文字は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です

また、Salesforceと連携できる「CREATIVE SURVEY for Salesforce」では、ウェビナーアンケートの回答結果をSalesforceの顧客情報を紐づけることができます。

「CREATIVE SURVEY for Salesforce」とは?

CREATIVE SURVEY for Salesforce」は、CREATIVE SURVEYで作成したヒアリングシートを、Salesforceからお客様に配信でき、回答データをSalesforce内で一元管理することができるサービスです。

ウェビナーアンケートに限らず、あらゆる顧客接点でのアンケート・ヒアリングツールとして使用できます。

CREATIVE SURVEY for Salesforceイメージ

「CREATIVE SURVEY for Salesforce」を活用したウェビナーアンケート運用イメージ

「CREATIVE SURVEY for Salesforce」を使って、弊社が実施しているウェビナーアンケートの運用手順をご紹介します。

ウェビナーアンケート運用イメージ

1: Zoomでウェビナーを実施
2: セミナー中にPardotからアンケートを自動配信
3: Salesforceへ連携された回答結果を確認、対応優先度をつけ架電
4: アポイントの獲得

アンケートはセミナー実施中に参加者へ自動配信し、回答していただくようご案内します。セミナー終了から配信までに時間が空くと回答率が下がってしまうため、セミナー中に配信しご案内することをおすすめします。

アンケート作成〜回答連携までの全体イメージ

続いて、アンケート作成から回答がSalesforceへ連携されるまでのイメージです。

アンケート作成〜回答連携までの全体イメージ

1: CREATIVE SURVEYでアンケートを作成、 Salesforceへ連携
2: セミナー参加者へアンケート一斉配信(キャンペーン、Pardot、Marketo等)
3: 参加者がアンケートを回答する
4: 回答データは活動や項目へ自動連携

アンケート結果はSalesforceの顧客データと自動で紐づくため、お客様に個人情報を入力していただく必要はありません。

次に連携手順を具体的にご説明します。

1. CREATIVE SURVEYでアンケートを作成、 Salesforceへ連携

CREATIVE SURVEYでアンケートを作成します。その後、画面上の「Salesforceへ送る」ボタンを押すとSalesforceに連携され、Salesforce上で利用できるようになります。

CREATIVE SURVEYでアンケートを作成、 Salesforceへ連携

2. アンケート一斉配信(キャンペーン、Pardot、Marketo等)

キャンペーンを使用する場合、Salesforce上に表示されるアンケートコンポーネントからキャンペーンメンバーへ一括で送信することができます。

Salesforce上に表示されるアンケートコンポーネントからキャンペーンメンバーへ一括で送信

PardotやMarketoなどMAからの配信も可能です。その場合メール配信システム側の差し込み項目を用いて、アンケートURLの末尾にSalesforceIDが付与されるよう設定します。

PardotやMarketoなどMAから配信

上記はPardotの画面ですが、差し込み項目でSalesforceIDを取得できるシステムでしたら送信可能です。

また、特定の方へ個別送信する場合は、リード、取引先責任者、商談上のアンケートコンポーネントから送信をします。

特定の方へ個別送信する場合は、リード、取引先責任者、商談上のアンケートコンポーネントから送信

3.参加者がアンケートに回答する

参加されたお客様がアンケートに回答します。

お客様がアンケートに回答

4.回答データは活動や項目へ自動連携

回答結果は、リアルタイムにSalesforceの「活動の履歴」に表示されます。

回答結果は、リアルタイムにSalesforceの「活動の履歴」に表示

弊社では回答内容を確認の上、インサイドセールス担当からご質問の返信やアポイント依頼の架電を行なっています。

また、標準項目や事前に作成したカスタム項目に連携も可能です。

標準項目や事前に作成したカスタム項目に連携も可能で

項目に連携された値を元に、ワークフローやプロセスビルダーを用いてフェーズの変更、TODOの作成、特定の人へChatterで通知するなど、次のアクションの自動化に活用いただけます。

5.集計結果

回答データは活動や項目で閲覧するだけではなく、Salesforceのレポート機能やダッシュボードを用いて可視化することでマーケティングや営業分析にお役立ていただけます。

また、CREATIVE SURVEYの結果画面で閲覧、CSVダウンロード機能もございます。

集計結果はCREATIVE SURVEYの結果画面で閲覧

まとめ

今回は弊社サービス「CREATIVE SURVEY for Salesforce」を使って、
 ・アンケート回答をSalesforceへ連携する方法
 ・セミナーアンケートを営業活動に活用する方法
をご紹介しました。

セミナーアンケートを実施したものの、回答データを活用できてない…という方も多いのではないでしょうか。Salesforceの顧客情報と紐づけることで、アンケート結果をより価値のある「お客様の声」として営業活動に活かすことができます。

今後、より一層ビジネスシーンのオンライン化が進むこのタイミングにぜひご検討ください。

ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

Twitter:ツイート Facebook:シェア はてなブックマーク:ブックマーク pocket:あとで読む
アンケートツールの最新活用事例をご紹介!資料ダウンロードはこちら

イベント・セミナー情報