USE CASE

セミナーフォローのためのアンケート活用術

セミナーのアンケート、活用できてますか?

セミナーや講習会のアンケートは、事後のセールスアクションにつなげるために重要な情報が含まれています。購買意向が高いのか、商品の理解をしてもらえたのか、自社の利用イメージが持てたのか、将来的には見込めるものなのか、そういったセールス目線での資産としてのアンケートを活用しましょう。

セミナー自体ための情報、と事後アクションのための情報

アンケート内容のコンテンツ向上のために以下のような項目をヒアリングしましょう。
  • 内容の評価
  • 会場の評価
  • セミナー・商品の理解
  • 利用イメージ
  • 参考になったか、セミナー自体の満足度
また、事後のアクションのためには以下のような情報が必要となります。
  • 会社業態
  • 興味をもったポイント
  • 利用イメージが持てるか
  • 具体的な検討が可能か
  • もし可能であれば時期はいつなのか

WEBアンケートで無駄なコストを削減

セミナーのアンケートは紙での実施が多いので、紙であつまったものを回し読みをして、そのまま机にしまわれることも多々あります。もちろん紙からエクセルデータに入力するためのコストがあり、さらに集計となると、時間も手間もかけてレポートしなければなりません。 クリエイティブサーベイであれば、WEBアンケートでスマホでも回答可能、メールやfacebookグループでシェアするだけで、いつものアンケートが自動的にデータ化され、WEB上でグラフとして提示されます。

セミナーアンケートを簡単に集計

集まったデータが自動的に可視化されるだけでなく、セグメント機能を使うことで、上記のセミナーアンケートであれば、「こういった業種の人たちには利用イメージがついたみたいだ」「こういった利用パターンであれば検討可能性が高い」といったことも簡単に設定可能です。 これらの情報は、セミナーを重ねれば重ねるほど重要なデータになっていくでしょう。

Tech Crunch での会場アンケート

Tech Crunch のイベントでは毎年アンケート企画を実施しております。スタートアップバトルでの投票やイベントの感想も収集しており、Tシャツの抽選なども合わせて回答率も向上しています。Tech Crunch のイベントアンケート事例
インターネットリサーチ相談

RESEARCH MENU

クリエイティブサーベイのリサーチメニューでは、調査に関わる様々なお手伝いをしております。調査パネルのご利用や質問画面作成など、ツールに関わるメニューをご用意しております。

    ENTERPRISE

    企業導入をお考えの方は、エンタープライズプランがおすすめです。カスタマーエクスペリエンスに応じた声の収集と、お客さまの評価に応じたNPS®やCESなどの数値化、他ツールとの連携方法など、幅広い使い方をご案内いたします。

      CREATIVE SURVEY for ENTERPRISE