USE CASE

プレゼンテーションや資料にデータを活用しよう

データで得られる説得力

ビジネスシーンでは、数値化されたデータが大きな説得力を持っています。 「自社顧客の男女比率はざっくり半数と想定されます」 「自社顧客の男女比率は56%:44%です」 どちらが信頼性が高いでしょうか。 データを元にした論理展開は、納得感を与え信頼できるプレゼンテーションになることでしょう。特に実態把握、現状などの場合は、データで示せ、と言われるケースも多いと思います。 アクセス解析や数字分析であれば、エクセルとの戦いに挑んでいただくのがおすすめですが、ユーザーアンケートを行うすることで見出せる部分もあります。

ユーザーデータ・ユーザー満足度、フィードバック。

顧客データは、CRMにあるでしょうか。性別年齢住所などの基本的なものだけでなく、年収や子供の有無、特徴や興味なども顧客を理解する上で必要な情報かもしれません。企業ごとに必要なデータは違いますが、打ち手を考える上で属性データは把握するだけの価値があるものです。 満足度やNPS®のようなスコアはどうでしょうか。将来の購買を予測したり、サービスの継続性を図る上で、非常に重要なデータです。購買のコンバージョンやチャーンレートを見ることももちろん必要ですが、打ち手を検討するために必要なデータとして活用できます。単なるスコアだけでなく、フィードバックと組み合わせることで、より立体的なデータ構築と活用になります。

簡単にグラフ化、レポートに活用

クリエイティブサーベイで取得したアンケートデータは、WEB上で簡単にグラフ化、グラフも画像としてダウンロードすることができます。結果データはエクセルで開けるCSVデータになりますので、他のデータと組み合わせて分析する際に便利です。

リアルタイム連携・BIへの接続

プレゼンテーションに向けてデータを活用することからさらに進んでデータを可視化することも可能です。例えば、BIツールなどのダッシュボードに連携して可視化することで、コンバージョンレート・ユーザー数・などと同じように、顧客によるスコア、といったものがリアルタイムで確認できます。 企業にフィットした使い方のご相談は、
クリエイティブサーベイ・エンタープライズにて承ります。

利用シーン

利用シーン一覧へ
インターネットリサーチ相談

RESEARCH MENU

クリエイティブサーベイのリサーチメニューでは、調査に関わる様々なお手伝いをしております。調査パネルのご利用や質問画面作成など、ツールに関わるメニューをご用意しております。

    ENTERPRISE

    企業導入をお考えの方は、エンタープライズプランがおすすめです。カスタマーエクスペリエンスに応じた声の収集と、お客さまの評価に応じたNPS®やCESなどの数値化、他ツールとの連携方法など、幅広い使い方をご案内いたします。

      CREATIVE SURVEY for ENTERPRISE