CREATIVE SURVEY次世代アンケート・ヒアリングツール

USE CASE 利用シーン

デザインがターゲットユーザーにどう思われているか

デザインのフィードバックを得たい

商品のパッケージや写真・イラスト、広告やWEBページのフィードバックを得ましょう。プロジェクト関係者や社内のデザイナー、または直接のユーザーなどにフィードバックを得ることで、自分だけでは気がつかなかった俯瞰した意見や気づきを得ることができます。また、競合とのデザインの比較をすることで、好感度の差を把握したり、パッと見て手に取りやすいか、狙ったイメージ・値ごろ感や親近感など、の項目において、競合製品との差を把握することができます。

イメージスケールについて

基本的なイメージスケールは、横軸にWarm<>Cool 縦軸にSoft<>hard の4象限のマップを活用することがあります。日本カラーデザイン研究所が発表している色や言葉のイメージをそれに当てはめることで感性のマッピングをし、統計的に人が感じるユーザーの印象を取ることができます。 クリエイティブサーベイのスライドバー機能を利用して、上記の二軸を取得、グラフ化することも可能です。これらのイメージを強豪と比較したり、ブランドの差を比較することで感性的な調査やイメージの比較調査を行うことも可能になります。

デザインのフィードバックは多岐に渡ります

デザインと一言で言っても、ユーザーは様々な視点で評価することが多く、「使いやすそう」「視認性」「内容がわかりやすい」「かっこいい」などがあります。そのため、単なるフィードバックを得るという観点ではなく、「デザインの方向性として正しい方向に進んでいるか?」「ターゲットユーザーが狙った感性で受け止めてもらっているか?」といった観点で調査すると効果的です。

自分たちで気づかないリスクを発見できる

例えば、写真で人物が写っている場合は、ユーザーは人間の表情に大きな反応を示します。その反応が自分たちでも気づかないリスクになっていたりします。他の例では、背景に写り込んでいた建物が人によって違うものに見えたり、など。 関係者や提供者が当たり前に思っていることがパッと見た人がネガティブに受け止めることを発見できます。

利用シーン

利用シーン一覧へ