USE CASE

ユーザーと発信者の印象を揃える

デザインの質を上げたい

デザインの質を向上させるためには、アートディレクターなどの個人の力量も非常に重要ですが、自分以外の人がどういう思いで見ているのか、見る人がどう思うのか、または、それが何故なのかを考えたり感じたり理解することが非常に重要です。ビジュアル面で与えたい印象と、消費者が受ける印象のギャップがないかどうか、方向性が正しく理解されているのかを定量手法によって調査することができます。また、競合とのデザインの比較をすることもできます。好感度の差を把握したり、パッと見て手に取りやすいか、狙ったイメージ・値ごろ感や親近感など、の項目において、競合製品との差を把握することができます。
  • 良いと思う所・悪いと思う所にコメントしてください。
  • このデザインの印象をスライドバーでお答えください(SD法や印象スケール)

ブランドと商品が正しく伝わる

デザインを行う側が消費者のイメージとのギャップを正しく理解することで、与えたいイメージに沿ったデザインが可能になり、ブランドイメージや商品イメージに一貫性を持たせることにつながります。1回の調査で良い悪いという判断をするだけでなく、デザインの調査を積み重ねることでマッチ度などを数値化し、ナレッジにしていくことも良いでしょう。

クリエイティブサーベイならこんなアンケートができます

クリエイティブサーベイのエリアマッピング機能を利用して、写真・画像に対して直接エリアを指定してコメントを書き込む手法で、 消費者は「どこ」を「なぜ」支持・不支持したのかというデータを直感的に把握することが可能です。集計画面では、それらの意見を直感的に把握できるヒートマップ化。個々のコメントとエリアを紐づけて確認する事も出来ます。ただの良い悪いではなく、どう思うのか、という踏み込んだ意見抽出が可能になります。
インターネットリサーチ相談

RESEARCH MENU

クリエイティブサーベイのリサーチメニューでは、調査に関わる様々なお手伝いをしております。調査パネルのご利用や質問画面作成など、ツールに関わるメニューをご用意しております。

    ENTERPRISE

    企業導入をお考えの方は、エンタープライズプランがおすすめです。カスタマーエクスペリエンスに応じた声の収集と、お客さまの評価に応じたNPS®やCESなどの数値化、他ツールとの連携方法など、幅広い使い方をご案内いたします。

      CREATIVE SURVEY for ENTERPRISE