CREATIVE SURVEY次世代アンケート・ヒアリングツール

USE CASE 利用シーン

コンセプト調査・受容性調査

コンセプトをユーザーの感性と共に構築する

新商品・サービスのコンセプトの評価や改善点を把握しましょう。 新しい商品・サービスの成功確率を上げるため、そのコンセプトの検証が大切になります。ターゲット、ターゲットが得る価値、価値の信頼性、をなどを把握するために、コンセプト評価・受容性を調査します。
  • 新しいコンセプト案の評価をとりたい
  • 開発を進めるにあたっての改善点や方向性を知りたい
このようなときに、コンセプト調査を実施し、全体の評価やターゲットに対する受容性を把握します。
  • コンセプトに対する参加意向はどの程度か?
  • コンセプトの魅力に感じられる部分はどこか?
  • コンセプトの評価が高い層はどこか?ターゲットから評価されているか?
  • コンセプトの「共感性・新規性・信頼性」は?

調査によって着実に進める

新しいサービスや商品のコンセプトやアイデアが生まれたとき、それはまだターゲットに受け入れられるか、どのような市場の反応がありそうか、といった重要項目の仮説設計が非常に難しい状態です。商品開発やモックアップ作りにも大きなコストがかかるため、少しでも成功確率を上げたいと思うのは当然。手探りや担当者の予想でサービスやニーズを予測するのではなく、消費者やユーザーの声を集めることががより良い意思決定における材料になります。

クリエイティブサーベイで柔軟な調査が可能

アンケートによってコンセプト調査を行なう場合、文章や画像、動画などあらゆる表現を行なう必要があります。クリエイティブサーベイの質問設計の自由度は、動画埋め込み(youtube・vimeo)だけでなく、文字装飾や段落分け、文中に画像を入れたり、あらゆる設定ができます。

利用シーン

利用シーン一覧へ