CREATIVE SURVEY USE CASE

アンケートでセミナーの成果を高める

ビジネスのオンライン化に伴い、顧客接点をオンライン上のセミナーやイベントで獲得する動きが加速しています。イベントの開催後のフォローやフィードバックにアンケートを活用しましょう。

セミナーアンケートの作成方法

自社への興味・関心度を定量化できるように項目を設定する

自社の商材への興味・関心度を定量化できるように設問・回答項目を工夫することで、優先的にアプローチすべき見込み客を抽出したり、最適なアプローチ方法を選択したりできるようになります。

具体例を以下に挙げます。

『Q.当社の〇〇製品について、該当するものを 1 つ選択してください』

  • 興味がない
  • 資料がほしい
  • 詳しく話を聞きたい
  • デモ版を使ってみたい
  • 導入したい

上記のような形にすることで、「はい」「いいえ」だけでは判断できない興味の度合いを知ることができます。

参加目的(顧客ニーズ)をキャッチアップできる質問を入れる

ウェビナー参加者には、参加を決めた理由や目的がそれぞれにあります。このニーズを捉えることができれば、今後提案すべきことや次にとるべきアクションを定めやすくなります。

たとえば、以下のような質問項目です。

『Q.ウェビナーに参加した目的を教えてください』

  • 〇〇に興味・関心があったため
  • 〇〇の情報を得るため
  • 〇〇を解決するため

ウェビナーで聞けなかった質問・疑問を集める

ウェビナーやセミナーでは開催中に質疑応答の時間を設けるケースもありますが、時間が限られているため、開催中に質問できない場合もあります。

アンケートであらためて個別に質問を受け付けることで参加者へのフォローがしやすくなるうえ、満足度の向上につながります。

ウェビナーのアンケート回答率を高めるポイント

間を置かずに回答を促す

アンケートはウェビナー開催中または直後に実施するほうが、回答率が高い傾向にあります。その場でアナウンスして回収するほか、終了後のフォローメールを送信する際に回答を促すようにしましょう。

資料 DL などのメリットを提供する

アンケートへの回答は手間がかかるため、何らかのメリットがないと、なかなか協力してくれません。おすすめの方法は、アンケート回答者にはウェビナーで使った資料やその他の有益な資料を提供するというものです。

回答者への自動送信メールに資料 DL 用のリンクを入れるという方法をとれば、大きな手間をかけずに回答率を高めることができます。

リードナーチャリングの効果を高めるポイント

リード情報の集約・スコアリング

見込み顧客に対して効率的にアプローチするには、オンライン・オフラインの様々なチャネルで獲得したリード情報を集約することが先決です。まずは、Web のリード情報や名刺を一カ所に集めて整理するところから始めましょう。リード情報の一元管理には名刺管理ツールや CRM(顧客管理ツール)が便利です。

また、商品に対する関心度合いはリードによって異なるため、アプローチの優先順位を付けるための点数付け(スコアリング)を行います。

スコアリングは主に 3 つの基準で採点します。

  • 外面的情報(業種、売上規模、地域、担当者の役職など)
  • 内面的情報(検討フェーズ、課題、関心事など)
  • 行動情報(セミナー参加、Web サイト閲覧、資料ダウンロードなど)

例えば、「決裁権のある部長クラスは 20 点」「資料をダウンロードしたら 10 点」など項目別に点数を設定してスコアリングすることで、各リードの確度を見極めやすくなります。

CREATIVE SURVEYでは回答にスコアを付与することや特定の役職だけに追加設問を表示するなども可能

CREATIVE SURVEY では回答にスコアを付与することや特定の役職だけに追加設問を表示するなども可能

CREATIVE SURVEYの活用事例を紹介

ベルフェイス様の事例

ポリプラスチックス様の事例

一覧へ戻る
顧客の声を集めてLTV向上や解約を防ぐ法人向け高機能アンケート:サービスの詳細はこちら